かに オススメ

北海道の美味しいかにを紹介しています!

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

毛ガニの生態

こんばんわ!北海道釧路にあるumyhokkaidoの橋本です。


DSCF1694.jpg



今日も毛ガニのお話、毛ガニの生態についてです!



毛ガニに限らずカニは脱皮を繰り返して成長します。



毛ガニの幼生は脱皮して2.5mmほどの稚ガニとなって海底で生活を始めます。



その後も数多の天敵から逃れながら脱皮を繰り返し、生後1年で甲の大きさが2~3cm、2年で4~5cm程に成長します。ここまではオス毛ガニもメス毛ガニも大差はありません。



その後はオスの毛ガニの方が成長が早いです。3年で5~7cm、4年で7~9cmになります。メスの毛ガニは3~5年で5~6cm、6~8年で6~7cmと大きく差がつきます。



これは産卵するメスの毛ガニの方が脱皮する間隔が長いためです。体の成長より産卵に力を注ぐんですね!



では毛ガニはどんなエサを食べて成長するのでしょうか?



稚ガニのときはプランクトンなどを食べて成長します。



その後成長するにつれて多毛類(ゴカイ・イソメ・イワムシ)、貝類や子魚などをエサとして成長していきます。



では逆に毛ガニの天敵はなんでしょう?



前回もお話しましたが、稚ガニのときの天敵はクラゲやタラなど数多くいますが、大きくなったときの最大の敵はミズダコです!でも、ミズダコ以外は大きな天敵はいないようです。



強いていえば人間が一番の天敵です!取って食われないよう今日も毛ガニは逃げ回ります!



毛ガニUFOキャッチャー



それではまた!




















スポンサーサイト

| 毛ガニの生態 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。