かに オススメ

北海道の美味しいかにを紹介しています!

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

毛ガニの生態

こんばんわ!北海道釧路にあるumyhokkaidoの橋本です。


DSCF1694.jpg



今日も毛ガニのお話、毛ガニの生態についてです!



毛ガニに限らずカニは脱皮を繰り返して成長します。



毛ガニの幼生は脱皮して2.5mmほどの稚ガニとなって海底で生活を始めます。



その後も数多の天敵から逃れながら脱皮を繰り返し、生後1年で甲の大きさが2~3cm、2年で4~5cm程に成長します。ここまではオス毛ガニもメス毛ガニも大差はありません。



その後はオスの毛ガニの方が成長が早いです。3年で5~7cm、4年で7~9cmになります。メスの毛ガニは3~5年で5~6cm、6~8年で6~7cmと大きく差がつきます。



これは産卵するメスの毛ガニの方が脱皮する間隔が長いためです。体の成長より産卵に力を注ぐんですね!



では毛ガニはどんなエサを食べて成長するのでしょうか?



稚ガニのときはプランクトンなどを食べて成長します。



その後成長するにつれて多毛類(ゴカイ・イソメ・イワムシ)、貝類や子魚などをエサとして成長していきます。



では逆に毛ガニの天敵はなんでしょう?



前回もお話しましたが、稚ガニのときの天敵はクラゲやタラなど数多くいますが、大きくなったときの最大の敵はミズダコです!でも、ミズダコ以外は大きな天敵はいないようです。



強いていえば人間が一番の天敵です!取って食われないよう今日も毛ガニは逃げ回ります!



毛ガニUFOキャッチャー



それではまた!




















| 毛ガニの生態 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

毛ガニの旬は?

こんばんわ!北海道釧路のumyhokkaidoの橋本です。



今日も前回に引き続き毛ガニのお話です。



DSCF3379.gif



北海道ではおなじみの毛ガニ。



毛ガニのほとんどは北海道産、もしくはロシアなどの輸入品です。



umyhokkaidoの釧路では、毛ガニのおすそ分けを戴くことはそんなに珍しいことではありません。



さて、そんな毛ガニの旬はいつでしょう?



答えは



ほぼ一位年中です!



毛ガニは地域によって、漁獲の時期が違いますので旬の時期も異なっているのです。



オホーツク沿岸では、流氷溶ける3〜5月にかけてが毛ガニの旬の時期になります。



噴火湾海域では6〜8月、日高沖などでは11〜2月、そして我町釧路近海では9〜10月が毛ガニの一番おいしい旬の時期となります。



釧路近海の毛ガニも大好きなのですが、個人的にはオホーツク海の旬の毛ガニが一番好きです!とにかく大きく、身入りも完ぺきで文句なしです!



通販などで毛ガニを購入する際の参考にしてください!














| 毛ガニの旬は? | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

毛ガニとは?

こんばんわ!北海道釧路にあるumyhokkaidoの橋本です!


ご無沙汰しておりました!地方出張に体調不良など諸々重なりまして更新出来ませんでした!


今日からまた気合入れて頑張ります!


さて、今日からは毛ガニのお話です!


3819782447_123d38b456_m.jpg



毛ガニは読んだ通り体に毛が生えているため、毛ガニと呼ばれています。


毛ガニの毛はなんのためにあるかご存知ですか?


毛ガニが生息するところは水深30〜60mの「砂泥底」と呼ばれるところでそこには毛ガニの天敵であるタコなども生息しています。


毛ガニを食べたことがある方はわかると思いますが、毛ガニは花咲ガニなどほかのカニに比べて甲羅が柔らかいので天敵に狙われやすいのです。


そこで、毛ガニの毛は海底の泥を体に付着させやすくし、更に落ちにくくしているのです。海底と一体化して天敵から隠れるために毛が付いているのです。泥の付着した毛ガニはなかなか見つけるのが大変みたいです。


毛ガニも無駄に毛が生えているわけではないんですよ!


次回も毛ガニについてお話します!


それではまた。









| 毛ガニとは? | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一番カニが好きな都道府県はどこだ!

こんばんわ!北海道釧路にあるumyhokkaidoの橋本です!


今年の釧路はサンマが絶好調の反面、秋鮭が芳しくない状況が続いておりなんとも複雑な心境の今日この頃です。


安くておいしいサンマがたくさん食べられる反面、鮭イクラが高くなってしまいますのでこれまた複雑ですよね。


まだ漁は終わってないので少しでも多く獲れることを願っています!


さて、タイトルにもある通りカニが一番好きな都道府県はどこでしょう?


2008年カニ消費量統計 県民性ランキング


によれば、鳥取県が一位だそうです!


鳥取県と言えば山陰、松葉ガニがとってもおいしいところです。


以前お話したと思いますが、松葉ガニ=ズワイガニ=越前ガニなんですよ!


その地域のブランド化を図るべく、ズワイガニのとれた場所によって名前が変わっているんですね。


釧路、道東地域で獲れるズワイガニもかっこいい名前をつけてブランド化を進めていければいいんですけどね!


話がそれてしまいましたが、1位の鳥取県の1世帯当たりのカニの年間消費量は、なんと4,641gだそうです!


最下位の沖縄の1世帯当たり年間消費量が199gですので、鳥取県は沖縄県の23倍カニを食べていることになりますね!


では、北海道はといいますと第3位で1世帯当たり年間消費量は2,131gです。3位ですが、1位鳥取県の半分以下という少し以外な結果でした。


それでも、北海道はズワイガニはもちろんのこと、毛ガニ、花咲ガニ、タラバガニにアブラガニと種類も量も豊富に揃っているんです!


カニ王国北海道は健在ですね!


カニ好きな人は是非一度北海道釧路でのカニ食い倒れをしてみてください!毛ガニ、花咲ガニ、タラバガニ、アブラガニ、ズワイガニのすべてを色々な食べ方で楽しんでみてくださいね!


お店選びに困ったら、お気軽にumyhokkaidoへお問い合わせくださいね!


それではまた!


| 一番カニが好きな県はどこだ! | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花咲ガニの美味すぎ料理レシピ

こんばんわ!umyhokkaidoの橋本です。


2378974013_5561e3fe29_m.jpg


今日も前回に引き続き花咲ガニです!




前回は花咲ガニのおいしい食べ方をご紹介しましたね。



今日は花咲ガニのおいしい料理レシピをご紹介!




花咲ガニのオススメの食べ方は甲羅の中でカニ味噌とカニ肉を混ぜて、軽く炙る!


甲羅の中身を全部食べ終わったら、その中に日本酒を注いでまた軽く火にかけ、甲羅酒もこれまた美味!


しかし!!


これで花咲ガニを味わい尽くしたと思っちゃいけません!


まだあります!


今日の写真にもあるように、残った花咲ガニの殻で味噌汁を作りましょう!


花咲ガニの殻からはとってもいい出汁が出るんです!


①お鍋に水と昆布を入れて火をかけます。


②沸騰前に昆布を取り出して、沸騰したら花咲ガニを入れて一煮立ちさせてください。


③花咲ガニを入れてひと煮立ちしたら味噌を入れてください。味噌を入れたあとは沸騰させないよう気をつけてくださいね!


④お酒で軽く風味付けをして、ネギを入れれば出来上がりです。お好みで、豆腐などの具材を追加してもOKです。


ちなみに北海道ではカニの味噌汁のことを鉄砲汁と呼びます。


鉄砲汁の名前の由来は、味噌汁の中に入っているカニの身を箸でほじくっている様子が鉄砲を掃除している様子に似ていることからその名前がついたとされる説がありますが、本当のところはわかりません。


だんだん寒くなってきた今の季節にピッタリの花咲ガニの鉄砲汁。


是非一度お試しあれ!





| 花咲ガニの美味すぎ料理レシピ! | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。